犬の緑内障


犬の緑内障ってどんな病気?

緑内障とは、眼圧が上昇することが原因で発症する病気を指します。

人の場合でも40歳代のうち20人に1人が緑内障であるといわれる位、よく発症する病気です。

人と同様に、緑内障は犬でもみられる病気であり、進行すると視覚機能を喪失してしまいます。
また原因にもよりますが急速に進行するすることもあります。

特に下記の犬種で良く発生するとされています。

犬種犬種


ワンちゃんの緑内障の発症を発見できず、
放置した場合、こんな状態になることも…

  • 視神経と網膜が障害され視野が欠損し、最終的に失明する。

  • 眼球が濁ったり大きくなる。
    また白目が充血する。

  • 眼圧が高くなり痛みが発生。
    疼痛から解放する手段として、シリコンボール挿入手術や眼球を摘出することも。


また、このような症状は不可逆的なもので、一度発症すると完全な回復は見込めません。

従って、緑内障は発症初期から的確な検査をおこない、早い時期より進行を遅らせる治療が必要となります。


緑内障発症のメカニズム

犬の緑内障は、獣医学的にはこう規定されています。

様々な要因により引き起こされる、視神経症、進行性の網膜神経節細胞・軸索の壊死を引き起こす疾患群


簡単にいうと、
何らかの理由で眼圧が高くなることが原因で、失明を中心とした様々な障害が出る病気です。


「眼圧が高くなる」とは、どういうことでしょうか。

眼球の中には房水といわれる液体で満たされています。
言わば、水風船のような構造になっているのです。
この房水は、常に一定のバランスで供給と排出が行われ、眼圧を正常な範囲に保ちます。


しかし、何らかの理由で『房水の供給量に対して排出量が少ない』という状態になると、眼球内に溜まる房水の量が増え、眼圧が上昇します。

眼球の後ろ側には、映画のスクリーンのように光を感じる網膜とその情報を伝える視神経があります。
特に視神経が眼球から出ていく部分を視神経乳頭部と言いますが、これらは非常にデリケートな器官でわずかな外圧で壊死を始めてしまいます。

一度、壊死を始めた視神経は、眼圧が下がっても、その進行が止まることはありません。

これが、眼圧上昇(緑内障)による視野狭窄・視覚喪失のメカニズムです。

また、眼球内の房水の量の増大により、眼球が風船のように膨れることで、眼球が大きく腫れたり、眼圧が高いことが原因で疼痛が起こります。視覚が失われても緑内障により眼圧が高い状態では疼痛は無くなりません。
その結果、疼痛除去(生活の質の改善)のため、眼圧を下げるための内科治療や、シリコンボール挿入手術や眼球摘出などの外科治療をおこないます。


大切な愛犬のために犬の緑内障を知ろう!大切な愛犬のために犬の緑内障を知ろう!

  • 犬の緑内障ってどんな病気?

    眼圧の上昇が原因で発症する病気で、発症後の根治は見込めない、こわい病気でもあります。

  • 犬の緑内障の検査

    初期症状のうちに発見することが、なにより重要です。

  • 犬の緑内障の治療

    緑内障の兆候があると診断された場合は、直ちに治療を開始する必要があります。


犬の目薬の使い方